Home > スポンサー広告 > GIMP × Summer of Code 2008

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-21 (金) 00:18

良く分かりませんが実現したら凄い事になるんでしょうね。
フォトショップの様にアクションが登録できたり、表示レイヤーに一括でフィルタやスクリプトが実行出来る様になれば良いんですけどね。
(一部にはプラグインが有るようですが)
怠け者ですから。

highstar URL 2008-03-21 (金) 01:25

確かによくわからないのが多いですよね。
リソースの管理がしやすくなるのは便利かもしれませんが。
個人的にはよりPhotoshopに近づけてくれるとありがたいんですが、ライセンス的なものとかうるさそうだから難しいのかな。

一括でフィルタかけるのはPythonスクリプトじゃないと難しいみたいですね。だからPythonへの移行が望まれるのかも。

あとはUIがもっとかっこよくなればいいですけどねー。
リンクにもあるGIMP UI brainstormのようなインターフェースが実現することを期待してたりします。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/91-b74c34d7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > GIMP × Summer of Code 2008

Home > 一般 > GIMP × Summer of Code 2008

GIMP × Summer of Code 2008

GIMPがGoogle Summer of Code 2008に参加したそうです。
Wilber's Wiki」にて色々なアイデアが出されているので見てみるといいかも。

なお、「Google Summer of Code 2008(以下GSoC)」とはGoogleが資金提供をして開発を盛り上げよう的な企画らしい。
過去にもGIMPはGSoCに参加してるみたいで、いくつかの機能が実装される結果になったとか。


そこで、現段階であがっているGIMPの新しい機能候補を載せておきます。

<GIMPリソースのタグ付け機能>
「ブラシとかグラデーションとか増えてくると管理が大変だからタグをつけて管理しよう」っという構想。
“お気に入り”、“最近使った○○”、“よく使う○○”みたいな感じで。

<キャンバス上でのテキスト編集>
「現在のようにダイアログが表示されてそこに文字を打つのではなく、イメージの上にそのまま書いていけるようにしよう」っという構想。
Inkscapeみたいな感じで。

<GIMP Python>
「GIMP Pythonを強化していこう」っていう構想。
 ・Python用にGIMPのウィジェットとかオブジェクトを適切に配置
 ・インターフェースビルダーの強化とプラグインレビューの追加
 ・Pythonコンソールの強化

<GEGLでの動作>
「GIMPの画像処理にGEGLという画像処理フレームワークを使おう」っという構想。

<SVG ブラシ>
「現在のVBRブラシからSVGブラシに移行しよう」っという構想。

<UFRaw>
「RAW画像を扱うUFRawを強化しよう」っていう構想。
 ・100%ズーム対応
 ・ユーザープリセット
 ・複数画像処理

<ペイント機能の強化>
「曲線を追加してアーティストも使えるペイント機能にしよう」っていう構想。

<検索ベースのメニューブラウザ>
「ごちゃごちゃしてわかりづらいメニューを検索できるようにしよう」っていう構想。

<あなた独自の提案>
「自由にアイデアを提案してね」って話

<スクリプト関連のインターフェースを統合>
「Script-FuとかPyGimpとかPerl-Fuとかのインターフェースを統合しよう」っていう構想。

<ユニットテストフレームワークとプラグインの安定した取り組み>
「GEGL導入に向けてテストフレームワークを持とう」的な構想かな?

<ベンチマーク>
「より効果的なアルゴリズムを試すのに安全にできるベンチマークの導入はどうでしょう」っていう構想。

<フォント選択ウィジェット>
「もっとフォント選択をしやすくしよう」っていう構想。

<対応ファイルフォーマットの追加>
「対応するフォーマットを追加しよう」っていう構想。
MNGとかAPNGとか。

<ファイル形式登録>
「GIMPで使うファイルタイプを選択できるようにしよう」っていう構想?


といった感じ。
実装されればさらに使いやすくなりそうですねー。
GIMP2.6に期待です。

それではまた次回。
スポンサーサイト

Comments:2

toshi URL 2008-03-21 (金) 00:18

良く分かりませんが実現したら凄い事になるんでしょうね。
フォトショップの様にアクションが登録できたり、表示レイヤーに一括でフィルタやスクリプトが実行出来る様になれば良いんですけどね。
(一部にはプラグインが有るようですが)
怠け者ですから。

highstar URL 2008-03-21 (金) 01:25

確かによくわからないのが多いですよね。
リソースの管理がしやすくなるのは便利かもしれませんが。
個人的にはよりPhotoshopに近づけてくれるとありがたいんですが、ライセンス的なものとかうるさそうだから難しいのかな。

一括でフィルタかけるのはPythonスクリプトじゃないと難しいみたいですね。だからPythonへの移行が望まれるのかも。

あとはUIがもっとかっこよくなればいいですけどねー。
リンクにもあるGIMP UI brainstormのようなインターフェースが実現することを期待してたりします。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/91-b74c34d7
Listed below are links to weblogs that reference
GIMP × Summer of Code 2008 from GIMPTICA

Home > 一般 > GIMP × Summer of Code 2008

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。