Home > スポンサー広告 > 写真に差し込む光を追加するチュートリアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-04-04 (金) 19:37

>ハイスペックなPCが欲しいところです
確かに一瞬フリーズしたかと思いました。
タイルキャッシュを増やして見ましたが結構時間かかりました。
タイルキャッシュは関係ないんですかね、というか、4000メガ以上にはなりませんでした。
ファイル>環境設定>環境>タイルキャッシュのサイズ
メモリが512MBしか無いので増設すればいいんですがXPなんで、そのうち買い換えると思いつつそのままです。
VistaにはWindows ReadyBoostと言う機能が有り、ReadyBoost対応のUSBメモリやSDカードで簡単にメモリ増設出来る様ですが。
XPではムリですね、だれかXPでも出来る裏技知っている人がいたら教えて欲しいです。

USBメモリやSDカードを増設メモリにする「Windows ReadyBoost」の実力
ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070106_windows_ready_boost/

highstar URL 2008-04-05 (土) 16:30

>タイルキャッシュは関係ないんですかね、というか、4000メガ以上にはなりませんでした。
タイルキャッシュは実メモリの「80%」ぐらいがいいという情報をどこかで見たような。
ちょっと曖昧なんで出所までかけないんですが。
といっても自分も実メモリと同じタイルキャッシュの容量なんですけどねー。

>VistaにはWindows ReadyBoostと言う機能が有り
「ReadyBoost」よさそうですねー。ちょっとそそられます。

まあ最近じゃメモリもかなり安いみたいなんで、パパッと増設しちゃえばいいんですけど、なかなか実行に移せない自分がいます。
早いとこ増設して、少しでも作業効率を上げたいものですな。
(本当はパソコン買い換えたいんですけどねー。)

toshi URL 2008-04-06 (日) 22:33

>タイルキャッシュは実メモリの「80%」ぐらいがいい
なるほど、わかりました。
>最近じゃメモリもかなり安いみたいなんで
どうせなら2ギガにしたいんですが、なぜか純正品しか無いんです・・・とほほ。
バファローだしてくれー。

このチュートリアルかっこ良いですよね。
リンク先のは幻想的ですし、 highstarさんのはスピードや時間、風を感じます。
使い方によって、表現が広がります。
2.2.17と2.4.5のモーションぼかしは全く別物ですね。
2.4.5の方がフォトショップに近いです。
バージョンアップすれば、もっと早くなるんでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/87-1a588cd0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > 写真に差し込む光を追加するチュートリアル

Home > Photo Effect > 写真に差し込む光を追加するチュートリアル

写真に差し込む光を追加するチュートリアル

RoL01.jpg RoL04.jpg RoL05.jpg
今回は、写真に差し込むような光を追加するチュートリアルです。

なお、このチュートリアルは「Ray of Light」を参考にしています。
リンク先を参照すればよりよい結果を得られるでしょ-。
あらかじめ画像を用意しておいてくださいな。
ちなみに今回はこちらの写真を使用しましたー。
※あらかじめ「レベル」を修正しています(左の値を「50」)。


STEP1
画像を開く
- レイヤー名:Base
RoL01.jpg


STEP2
「Base」レイヤーを複製し、「色>閾値」
- レイヤー名:Ray
- 左の値:100(デフォルトでもいいかも)
RoL02.jpg
※今回はデフォルトにしてみました


STEP3
「Ray」レイヤーで、「フィルタ>ぼかす>モーションぼかし」
- 種類:拡大
- 中心:画像の光源の位置を入力(画像の左下に数値がでるからそれでやるといいかと)
- 長さ:256
RoL03.jpg


STEP4
「Ray」レイヤーのレイヤーモードを「スクリーン」に変更
- お好みで不透明度も変更しやしょう(今回は「80%」)
- レイヤーモードを「強い光」にしてもよさそう
RoL04.jpg RoL05.jpg
※前者が「スクリーン」、後者が「強い光」


STEP5
光の差し込みが不自然な部分を消しゴムツールで消去
- 今回の写真ではパス


※最終的なレイヤー構成は以下。
RoL06.jpg


以上で完成です。
それにしてもモーションぼかしが重いですな。ハイスペックなPCが欲しいところです。

ではまた次回。
スポンサーサイト

Comments:3

toshi URL 2008-04-04 (金) 19:37

>ハイスペックなPCが欲しいところです
確かに一瞬フリーズしたかと思いました。
タイルキャッシュを増やして見ましたが結構時間かかりました。
タイルキャッシュは関係ないんですかね、というか、4000メガ以上にはなりませんでした。
ファイル>環境設定>環境>タイルキャッシュのサイズ
メモリが512MBしか無いので増設すればいいんですがXPなんで、そのうち買い換えると思いつつそのままです。
VistaにはWindows ReadyBoostと言う機能が有り、ReadyBoost対応のUSBメモリやSDカードで簡単にメモリ増設出来る様ですが。
XPではムリですね、だれかXPでも出来る裏技知っている人がいたら教えて欲しいです。

USBメモリやSDカードを増設メモリにする「Windows ReadyBoost」の実力
ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070106_windows_ready_boost/

highstar URL 2008-04-05 (土) 16:30

>タイルキャッシュは関係ないんですかね、というか、4000メガ以上にはなりませんでした。
タイルキャッシュは実メモリの「80%」ぐらいがいいという情報をどこかで見たような。
ちょっと曖昧なんで出所までかけないんですが。
といっても自分も実メモリと同じタイルキャッシュの容量なんですけどねー。

>VistaにはWindows ReadyBoostと言う機能が有り
「ReadyBoost」よさそうですねー。ちょっとそそられます。

まあ最近じゃメモリもかなり安いみたいなんで、パパッと増設しちゃえばいいんですけど、なかなか実行に移せない自分がいます。
早いとこ増設して、少しでも作業効率を上げたいものですな。
(本当はパソコン買い換えたいんですけどねー。)

toshi URL 2008-04-06 (日) 22:33

>タイルキャッシュは実メモリの「80%」ぐらいがいい
なるほど、わかりました。
>最近じゃメモリもかなり安いみたいなんで
どうせなら2ギガにしたいんですが、なぜか純正品しか無いんです・・・とほほ。
バファローだしてくれー。

このチュートリアルかっこ良いですよね。
リンク先のは幻想的ですし、 highstarさんのはスピードや時間、風を感じます。
使い方によって、表現が広がります。
2.2.17と2.4.5のモーションぼかしは全く別物ですね。
2.4.5の方がフォトショップに近いです。
バージョンアップすれば、もっと早くなるんでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/87-1a588cd0
Listed below are links to weblogs that reference
写真に差し込む光を追加するチュートリアル from GIMPTICA

Home > Photo Effect > 写真に差し込む光を追加するチュートリアル

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。