Home > スポンサー広告 > グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-17 (月) 13:24

deviantARTからブラシをダウンロードして解凍しました。
中のファイルを
C/Documents and Settings/使用者フォルダ(又はOwner)/GIMP-2.4/brushesの中にコピペしました。
ブラシのオプションウィンドウの右下の「ブラシのリフレッシュ」をクリックすると無事表示されました~。
で・・・作成してみました。
出来ちゃいました・・・嬉しいな~~~♪
特別なコツなんて無いけど、ツールは絵筆を使うぐらいでしょうか。
最後にSTEP8を繰り返して
色を別の色に設定するとモット深みが出ます。
後は各レイヤーの不透明度を自分好みに調整するだけです。

GIMP2.4のカラーバランスのメニューの位置は、色>カラーバランスです
色>着色、でも良いかも。

highstar URL 2008-03-17 (月) 20:06

このチュートリアルは使うブラシとどの程度塗りつぶすかが大事ですよね。
ブラシについてはいくつか紹介しているサイトがあるのでチェックしてみるといいかも。
(deviantartだけでも十分探せるんですけど。)

toshi URL 2008-03-18 (火) 00:00

>このチュートリアルは使うブラシとどの程度塗りつぶすかが大事ですよね。
そうですね、調子に乗って使ってるとダメですね、空いてる部分も必要ですね。
どうして、こんな画像が出来るのか理屈は分からないんですが、結果良ければOKですよね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/8-d52cd4f5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background

Home > Effect > グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background

グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background

grunge13.jpg

今回はグランジ背景(ちょっと汚れた感じの背景)を作るためのベース部分のチュートリアルです。
長いように感じますが同じことの繰り返しなのでご安心を。
それに利用の幅も広いと思うので、是非一度お試しあれ!

このチュートリアルはTutorial: How To Make A Grunge Backgroundを参考にしています。
リンク先を参照すればより良い結果が得られるでしょう!
あらかじめグランジブラシを用意しておく必要があると思うので、とりあえず1つ紹介。
Grunge Brush Pack2
リンク先からダウンロードしたファイルを解凍後、中身をブラシフォルダへ移動してください。
詳細は解説サイトを見ることをオススメします。


STEP1
新規作成
- サイズ:400×150
- 背景色:白[#FFFFFF]


STEP2
新規にレイヤーを作成し、ブラシツールで塗りつぶす
- ブラシ:各自で用意したグランジブラシ
- 色:黒[#000000]
grunge01.jpg



STEP3
フィルタ>ぼかす>モーションぼかし
- :線形
- 長さ:256
- 角度:0
「角度:180」でもう一度フィルタをかける
grunge02.jpg



STEP4
新規にレイヤーを作成し、ブラシツールで塗りつぶす
- ブラシ:各自で用意したグランジブラシ
- 色:白[#FFFFFF]
grunge03.jpg



STEP5
フィルタ>ぼかす>モーションぼかし
- :線形
- 長さ:256
- 角度:0
「角度:180」でもう一度フィルタをかけ、レイヤーモードをオーバーレイにする
grunge04.jpg

grunge05.jpg



STEP6
新規にレイヤーを作成し、ブラシツールで塗りつぶす
- ブラシ:各自で用意したグランジブラシ
- 色:白[#FFFFFF]と黒[#000000]
grunge06.jpg



STEP7
フィルタ>ぼかす>モーションぼかし
- ぼかしの種類:線形
- 長さ:256
- 角度:0
フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- ぼかし半径:15
レイヤーモードをオーバーレイにする
grunge07.jpg

grunge08.jpg



STEP8
新しくレイヤーを作り、フィルタ>下塗り>雲>ソリッドノイズ
レイヤー>色>カラーバランス
- お好みの色にする!
- レイヤーモードをオーバーレイにする
grunge09.jpg

grunge10.jpg



以上でグランジ背景のベースのできあがりです。
続いてこれをベースにオシャレに仕上げちゃいましょう。
grunge11.jpg



STEP9
新規にレイヤーを作成し、ブラシツールで暗くなりすぎないように塗る
- ブラシ:各自で用意したグランジブラシ
- 色:黒[#000000]
- レイヤーモード:オーバーレイ
grunge12.jpg



STEP10
新規にレイヤーを作成し、明るくなりすぎないようにブラシツールで塗る
- ブラシ:各自で用意したグランジブラシ
- 色:白[#FFFFFF]
- レイヤーモード:オーバーレイ
grunge13.jpg

grunge14.jpg



STEP10.5
必要があればSTEP9と10を繰り返して深みを出してみる


以上で完成です。
オリジナルだとこの後カラーバランス用のレイヤーを使って色付けをしてるみたいなんですが、集中が切れちゃったのでとりあえずここまで。
たぶんSTEP8と同じ事をやればいいはずです。
それと自分で用意した画像があまりかっこよくないので、オリジナルの画像を参考にすることをオススメいたしやす。

では、お疲れ様でしたー。
スポンサーサイト

Comments:3

toshi URL 2008-03-17 (月) 13:24

deviantARTからブラシをダウンロードして解凍しました。
中のファイルを
C/Documents and Settings/使用者フォルダ(又はOwner)/GIMP-2.4/brushesの中にコピペしました。
ブラシのオプションウィンドウの右下の「ブラシのリフレッシュ」をクリックすると無事表示されました~。
で・・・作成してみました。
出来ちゃいました・・・嬉しいな~~~♪
特別なコツなんて無いけど、ツールは絵筆を使うぐらいでしょうか。
最後にSTEP8を繰り返して
色を別の色に設定するとモット深みが出ます。
後は各レイヤーの不透明度を自分好みに調整するだけです。

GIMP2.4のカラーバランスのメニューの位置は、色>カラーバランスです
色>着色、でも良いかも。

highstar URL 2008-03-17 (月) 20:06

このチュートリアルは使うブラシとどの程度塗りつぶすかが大事ですよね。
ブラシについてはいくつか紹介しているサイトがあるのでチェックしてみるといいかも。
(deviantartだけでも十分探せるんですけど。)

toshi URL 2008-03-18 (火) 00:00

>このチュートリアルは使うブラシとどの程度塗りつぶすかが大事ですよね。
そうですね、調子に乗って使ってるとダメですね、空いてる部分も必要ですね。
どうして、こんな画像が出来るのか理屈は分からないんですが、結果良ければOKですよね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/8-d52cd4f5
Listed below are links to weblogs that reference
グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background from GIMPTICA

Home > Effect > グランジ背景のチュートリアル - A Grunge Background

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。