Home > スポンサー広告 > 使い勝手のいい光を描くチュートリアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-20 (木) 18:49

円を中心から描く方法がうまく出来ませんでしたが、取りあえず描いてAlighで中心に移動しました。
Alignも手こずりましたがレイヤーをクリックして無い事に気付き無事出来る様になりました。
便利ですね。
画像をブラシにするスクリプトが無くなったのは残念です。

highstar URL 2008-03-21 (金) 01:19

円を中心から描くには、中心でクリック -> ドラッグ開始 -> ドラッグしながら[Shift]と[Ctrl]押せば出来るはずなんですが、使用が変わったのかな?

Align はもうちょっと使い勝手よくなるといいですよね。
使いこなせてないだけっていう可能性も高いですけど。

画像をブラシにするスクリプトがあった気がするんで、探しときます。
というかこれで作ったのをブラシで発布しといたほうがいいのかな?

toshi URL 2008-03-21 (金) 18:11

>円を中心から描くには・・・ドラッグしながら[Shift]と[Ctrl]押せば出来るはずなんですが
カーソルに∩が出ればいいんですよね。
オプションウィンドウの設定が間違ってるんでしょうか、出来ません。
>画像をブラシにするスクリプト
メニューに有りました、スミマセン。
編集>新規貼り付け>新規ブラシ

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/64-bd8c3b94
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > 使い勝手のいい光を描くチュートリアル

Home > Effect > 使い勝手のいい光を描くチュートリアル

使い勝手のいい光を描くチュートリアル

burst08.jpg
今回は色々な場面で使えそうなキラッとした光を作るチュートリアルです。
個人的にはコレいいなーっと思ってますので、お時間ある方は見てみてください。

このチュートリアルは「Creating Starburst glints of lignt in Photoshop」を参考にしました。
リンク先を参照すればより良い結果が得られるでしょう。

詳細は続きで。
STEP1
「ファイル>新規」
- サイズ:自由
- 背景色:黒


STEP2
新規にレイヤーを作成し、鉛筆ツールとかでラインを引く
- レイヤー名:horizon
- ブラシ:2px
- 描画色:白
- Shiftキーを押しながら線を引くとまっすぐの線が引けまーす

※こちらは矩形選択ツール(四角選択のやつ)で高さが2pxの矩形を作って塗りつぶす方法で行いました。まあお好みで。
burst01.jpg


STEP3
「horiz」で、「フィルタ>ぼかす>モーションぼかし」
- 長さ:68
- 角度:0
burst02.jpg


STEP4
「horiz」で、「レイヤー>Autocrop Layer」をし、Alignmentツールで真ん中に配置
- 自動切抜きで細長いレイヤーが出来るのでそれをクリック
- Align center of targetをクリック
- Align middle of targetをクリック
burst03.jpg


STEP5
「horiz」レイヤーを複製し、「レイヤー>変換>Rotate 90 clockwise」
- レイヤー名:vertic
burst04.jpg


STEP6
「vertic」レイヤーで「下のレイヤーと結合」をして、「horiz」と結合
※背景は結合しちゃダメー
- レイヤー名:cross


STEP7
「cross」レイヤーを複製し、回転ツールを使って回転させる
- レイヤー名:cross45
- Angle:45(クリックするとダイアログが出てきます)
burst05.jpg


STEP8
「cross45」レイヤーで、「レイヤー>レイヤーの拡大縮小」or拡大・縮小ツール
- 画像を見ながら適当にやってください
- 元の十字の半分ぐらいに縮小するといいかも
burst06.jpg


STEP9
新規にレイヤーを作成し、小さい方の十字が入る程度の円を描く
- Ctrlを押しながら引くとスタート地点が中心になりますので
- Shiftを押しながら引くと綺麗な円が描けますので
- 「編集>選択領域をストローク描画」
- ストローク幅:1px
- レイヤー名:circle
burst07.jpg


STEP10
「circle」レイヤーで、「フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし」
- ぼかし半径:4.4
- 選択を解除してからフィルタをかけること
burst08.jpg


以上で完成です。
項目は多いですが、割と簡単に出来ると思います。
それにしてもステップ8の適当振りはすみません。反省してます。
で、あとはキラキラ光りそうな画像に背景を除いてペタペタ貼っていけば写真もゴージャスに。

っということでまた次回。
スポンサーサイト

Comments:3

toshi URL 2008-03-20 (木) 18:49

円を中心から描く方法がうまく出来ませんでしたが、取りあえず描いてAlighで中心に移動しました。
Alignも手こずりましたがレイヤーをクリックして無い事に気付き無事出来る様になりました。
便利ですね。
画像をブラシにするスクリプトが無くなったのは残念です。

highstar URL 2008-03-21 (金) 01:19

円を中心から描くには、中心でクリック -> ドラッグ開始 -> ドラッグしながら[Shift]と[Ctrl]押せば出来るはずなんですが、使用が変わったのかな?

Align はもうちょっと使い勝手よくなるといいですよね。
使いこなせてないだけっていう可能性も高いですけど。

画像をブラシにするスクリプトがあった気がするんで、探しときます。
というかこれで作ったのをブラシで発布しといたほうがいいのかな?

toshi URL 2008-03-21 (金) 18:11

>円を中心から描くには・・・ドラッグしながら[Shift]と[Ctrl]押せば出来るはずなんですが
カーソルに∩が出ればいいんですよね。
オプションウィンドウの設定が間違ってるんでしょうか、出来ません。
>画像をブラシにするスクリプト
メニューに有りました、スミマセン。
編集>新規貼り付け>新規ブラシ

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/64-bd8c3b94
Listed below are links to weblogs that reference
使い勝手のいい光を描くチュートリアル from GIMPTICA

Home > Effect > 使い勝手のいい光を描くチュートリアル

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。