Home > スポンサー広告 > 写真をダイナミックにするチュートリアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-20 (木) 15:23

ハイダイナミックレンジですか~憧れますね。
理屈はさっぱり分かりませんが、このチュートリアルすごいです。
初め間違ってカーブの右上の点をポイントに移動させてマスクがタダのグレーに成ったりしたんですが、中間部分をカーブさせると解って旨く出来ました。
色がクリアになり、立体感が増しました。
人の顔などは、肌が綺麗になりシミなどは薄くなります☆☆☆
だれかスクリプト書いてくれませんかね♪

highstar URL 2008-03-20 (木) 20:56

このチュートリアルは正直お気に入りです。
まあ本当のHDR画像ではないんですけどねー。

それにしても確かにカーブの方法がわかりづらいですね。
時間があるときにでも画像を置き換えたいと思います。

確かにスクリプトがあると便利かも。
書き方を覚えたいって気はあるんで、その内勉強してみます。

toshi URL 2008-03-21 (金) 19:27

是非、ぜひ、ゼヒ、勉強してください。
良い子で待ってます。

highstar URL 2008-03-30 (日) 16:49

とりあえずスクリプトにしてみました。
ただダイアログとかはまだないので、このチュートリアルで行われることが自動的に実行されるだけなんだけどね。

それと各命令を理解することなくコピペで作った部分が多いので、カーブの処理とかは特に適当かも。
もうちょっとこうした方がいいという点があればコメントくださいね。

toshi URL 2008-03-30 (日) 23:36

もう出来たんですね、嬉しいです。
メニューの位置は、フィルタ>GIMPTICA>HDR Effectですね。

チョット思い付いた事です。
問題になる様な事では有りません、他のスクリプトでも起こる事です。
①レイヤーマスクの有る画像では実行できません。
②上の層にレイヤーが有ると旨く表示できません。
③輪郭のオンオフが選択できません。
④新規画像作成を選択できない。
当たり前の事ばかりです。

私は今ので十分です、うんと使わせていただきます。
他のフィルタと干渉する事も今の所無いです。
将来ウィンドウが出来る様になれば、輪郭のオンオフを選択出来るでしょうし、新規に画像を作成する事も選択も出来るでしょう。

本当に有難うございました。

highstar URL 2008-03-31 (月) 18:25

コメントありがとうございます。
色々改善すべきところがわかってありがたいです。

③についてですが、オフの場合STEP10.5を丸々カットする感じでいいでしょうか?
とりあえずSTEP10.5オン・オフバージョンを用意してみました。

④については少し手こずってしまってまだ用意できそうにありません。すみませぬ。
オリジナルは変更せずに、新規画像として出力してくれるスクリプトで知ってるのがあれば教えてくれると助かります。

①と②は④ができるようになればたぶん改善されるのかな。

ただ参照サイトにスクリプト置いてあるんですね。気づきませんでした。
参照先の方がキレイに仕上がると思うのでそちらを使用することをオススメしまーす。

toshi URL 2008-04-01 (火) 01:32

頂きました!!!びっくりしました、もう出来たんですね、有難うございます。
>ただ参照サイトにスクリプト置いてあるんですね。
私も今日、気付きました、スクリプトお願いしたりして申し訳ありませんでした。
フォトショの英語のサイトだと思い込んで良く見ていませんでした。
>③についてですが、オフの場合STEP10.5を丸々カットする感じでいいでしょうか?
はい、STEP10.5を丸々カットの選択は有るほうが良いと思います。
そのままだと人の顔などは、眉毛の上などに白い線が入ってしまいますし、テカリやほくろ等が目立つ場合も有ります。
新しいスクリプトに大変満足していますホントニ本当に有難うございました。
③はコメントを書いた後も色々な画像で試したのですが、小さすぎる画像など、画像によっては縁がはっきり出すぎて蝋細工の様になる場合が有るようです。
よく考えれば後で不透明度を調整すれば良いことに気付きましたが、半透明にすると立体感が落ちますし、あれこれ考えた結果、改定するおつもりならば、輪郭抽出>プレビットに差分やラプラスを選択肢に加えるというのはどうでしょうか。
私は思った事を言うだけですので簡単なんですが(スミマセン言いぱなしで)全ての画像に合うのは到底ムリですよね。
①②④は無理ですよね、出来れば他でもやってるはずです、探しては見ます。
勝手な事ばかり申し上げてスミマセンでした。

toshi URL 2008-04-01 (火) 09:56

スクリプト見つけました。
"GIMP2を使おう"に"可視レイヤー複製統合スクリプト"と言うのが有りました。
ttp://www.geocities.jp/gimproject/scripts/clone_and_merge.html
同じサイトに"レイヤーの表示と削除 スクリプト"が有りました、いらなくなったレイヤーを削除できるかもしれません。
ttp://www.geocities.jp/gimproject/scripts/layers-view-delete.html
③の輪郭抽出の事は素人の寝言だと思って笑ってスルーしてください。
他の使用者の方の為には元のままが一番かもしれません。

Contrast Blending with the Gimpのスクリプトを入れて見ました。
訳、分かりません、ばらばらになってるんですね。
機会がありましたら、解説UPしてください。
取りあえずは自分でなんとかやってみるつもりです。
でもこのスクリプト使わないと思います、メンドクサソー。

highstar URL 2008-04-01 (火) 17:28

>輪郭抽出>プレビットに差分やラプラスを選択肢に加えるというのはどうでしょうか。
とりあえずオプションとして輪郭抽出の全タイプをつけてみました。
これは絶対に使わないという輪郭抽出タイプがあればコメントくださいねー。

>④新規画像作成を選択できない。
暫定的な方法ですが、一応オプションをつけてみました。
ただ内部処理的なことはよくわからないので、実はまずいことをやってるかもしれません。
ものすごく無責任でごめんね。

>機会がありましたら、解説UPしてください。
実は自分も導入してなかったりします。
参照先のスクリプトは3つの露出の違う画像を1つに統合する感じでしょうか。本来のHDR画像はそういう方法で作られるみたい。

とまあ、ダイアログも表示されてスクリプトっぽくなってきましたが、今後も改善すべき点があれば教えてくださいな。

toshi URL 2008-04-02 (水) 22:50

>これは絶対に使わないという輪郭抽出タイプがあればコメントくださいねー。
私はそのままで良いと思いますが
エッジを絞り込むとしたら
1)SOBEL
2)GRADIEBT
3)LAPLACE
上の3つにしたらどうでしょうか。

>今後も改善すべき点があれば教えてくださいな
Movie Effectの後に使用したら、New Image On/Offをオンにしても新しくコピーされなくなりました。

toshi URL 2008-04-03 (木) 09:18

>New Image On/Offの件です
Movie Effectのエラーメッセージのせいだと思い込んでいたのですが。
リネームしていた1つ前のバージョンとリンク先のスクリプトexposure-blend-tinyscheme.scmを削除したら直りました。
大変失礼しました。

highstar URL 2008-04-05 (土) 14:23

新規画像オプションについてですが、おそらくリネームしてあったバージョンと競合したのかなーっと思います。

それと輪郭抽出のタイプについてですが、確かにそのあたりを押さえておけば十分かもしれませんね。
個人的にはラプラスにはまってます。
なので「メニューが多くてわかりづらい」といった意見があれば修正することにしやす。

あとサイト名変えました。
「フィルタ>GIMPTICA>HDR Effect」の「GIMPTICA」は変更予定のサイト名でした。
ということで今後とも、「GIMP ARCHIVES」改め「GIMPTICA」をよろしくお願いします。

toshi URL 2008-04-06 (日) 04:38

>サイト名変えました。
ウン、びっくりしました、もっともっと発展しそうですね、楽しみです。
>今後とも、「GIMP ARCHIVES」改め「GIMPTICA」をよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。
私、おしかけ一番弟子だと思っていますから(勝手に)。
一生懸命修行にはげみます。
>輪郭
ラプラスだけでも構いませんよ。
なにしろ一番効果的ですから。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/52-627eaed0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > 写真をダイナミックにするチュートリアル

Home > Photo Effect > 写真をダイナミックにするチュートリアル

写真をダイナミックにするチュートリアル

likehdr01.jpglikehdr08.jpg

久しぶりのチュートリアルになりますが、今回は写真をHDR画像風にするチュートリアルです。
「Photoshop」や「Photomatix」というソフトではHDR画像合成が可能だそうですが、「GIMP」ではその機能がありません。たぶん。
調べてみるとチュートリアルがあったんですが、どうもうまく再現できなかったんで「HDR風」ということで紹介しちゃいます。

ちなみに参考にしたサイトは
HDR photos with the GIMP(特にSTEP10)
Contrast Blending with the Gimp
上記を参照すればより良い結果が得られるでしょう。

あと今回からは「GIMP2.4」を使って作業していくのでご了承くだされ。
あらかじめ画像を用意してください。
ちなみに今回は、「BurningWell」というサイトから以下の写真を使わせて頂きましたー。
likehdr01.jpg


STEP1
画像を開く


STEP2
オリジナル画像を2回複製し、以下のレイヤー名に変更
- 上から「light」、「dark」、「base」
- 「light」レイヤーは不可視状態にしておく(レイヤーパレットの目のマーク)
likehdr02.jpg


STEP3
「dark」レイヤーで、色>カーブ
- 右下のブロックで適当に(画像の点は今回使用したポイント)
likehdr03.jpg


STEP4
レイヤー>マスク>レイヤーマスクの追加
- 初期化方法:レイヤーのグレースケールのコピー


STEP5
レイヤーマスクを選択した状態で、色>カーブ
- 左上のブロックで適当に(画像の点は今回使用したポイント)
likehdr03.jpg   likehdr04.jpg


STEP6
「light」レイヤーで、色>カーブ
- 可視状態に戻す
- 左上のブロックで適当に(画像の点は今回使用したポイント)
likehdr03.jpg


STEP7
レイヤー>マスク>レイヤーマスクの追加
- 初期化方法:レイヤーのグレースケールのコピー


STEP8
レイヤーマスクを選択した状態で、色>反転


STEP9
レイヤーマスクを選択した状態で、色>カーブ
- 左上のブロックで適当に(画像の点は今回使用したポイント)
likehdr03.jpg   likehdr05.jpg
※右下でもよさそう


STEP10
「light」、「dark」レイヤーのレイヤーモードを変更
- レイヤーモード:オーバーレイ
※透明度を下げるだけでもよさそう
likehdr07.jpg


STEP10.5
「light」レイヤーを複製し、レイヤーマスクを選択した状態で、フィルタ>輪郭抽出>輪郭
- 量:1.0(何でもいいけどね)
likehdr08.jpg

最終的なレイヤーはこんな感じ
likehdr09.jpg



久々のチュートリアルでしたが、ちょっとパッとしないですかね?
個人的には凄いなーっと思ったので許してね。

ということでまた次回。





<追記(08/03/30)>
コメントにてスクリプト化の話があったので用意してみました。
ただ当ブログのチュートリアルはほとんどが移行してきたものなので、公開していいのかちょっと不安だったりします。
また、当方プログラミングはほとんどやったことがなかったので、完成度は低いです。
※ちょっとづつ修正していきたいと思っています。

それでも使ってみたいという方は「ファイルストレージ」の「SCRIPTS」よりダウンロード&インストールしてくださいねー。
スクリプトのインストールの方法は、ダウンロードしたスクリプトを
「C:\Documents and Settings\ユーザー名\.gimp-2.4\scripts」(インストール版GIMP)
「C:\ポータブル版の設置場所\GIMPPortable\App\gimp\share\gimp\2.0\scripts」(ポータブル版GIMP)
にドラッグ&ドロップするなり、コピー&ペーストするなり、カット&ペーストするなりしてください。
スポンサーサイト

Comments:13

toshi URL 2008-03-20 (木) 15:23

ハイダイナミックレンジですか~憧れますね。
理屈はさっぱり分かりませんが、このチュートリアルすごいです。
初め間違ってカーブの右上の点をポイントに移動させてマスクがタダのグレーに成ったりしたんですが、中間部分をカーブさせると解って旨く出来ました。
色がクリアになり、立体感が増しました。
人の顔などは、肌が綺麗になりシミなどは薄くなります☆☆☆
だれかスクリプト書いてくれませんかね♪

highstar URL 2008-03-20 (木) 20:56

このチュートリアルは正直お気に入りです。
まあ本当のHDR画像ではないんですけどねー。

それにしても確かにカーブの方法がわかりづらいですね。
時間があるときにでも画像を置き換えたいと思います。

確かにスクリプトがあると便利かも。
書き方を覚えたいって気はあるんで、その内勉強してみます。

toshi URL 2008-03-21 (金) 19:27

是非、ぜひ、ゼヒ、勉強してください。
良い子で待ってます。

highstar URL 2008-03-30 (日) 16:49

とりあえずスクリプトにしてみました。
ただダイアログとかはまだないので、このチュートリアルで行われることが自動的に実行されるだけなんだけどね。

それと各命令を理解することなくコピペで作った部分が多いので、カーブの処理とかは特に適当かも。
もうちょっとこうした方がいいという点があればコメントくださいね。

toshi URL 2008-03-30 (日) 23:36

もう出来たんですね、嬉しいです。
メニューの位置は、フィルタ>GIMPTICA>HDR Effectですね。

チョット思い付いた事です。
問題になる様な事では有りません、他のスクリプトでも起こる事です。
①レイヤーマスクの有る画像では実行できません。
②上の層にレイヤーが有ると旨く表示できません。
③輪郭のオンオフが選択できません。
④新規画像作成を選択できない。
当たり前の事ばかりです。

私は今ので十分です、うんと使わせていただきます。
他のフィルタと干渉する事も今の所無いです。
将来ウィンドウが出来る様になれば、輪郭のオンオフを選択出来るでしょうし、新規に画像を作成する事も選択も出来るでしょう。

本当に有難うございました。

highstar URL 2008-03-31 (月) 18:25

コメントありがとうございます。
色々改善すべきところがわかってありがたいです。

③についてですが、オフの場合STEP10.5を丸々カットする感じでいいでしょうか?
とりあえずSTEP10.5オン・オフバージョンを用意してみました。

④については少し手こずってしまってまだ用意できそうにありません。すみませぬ。
オリジナルは変更せずに、新規画像として出力してくれるスクリプトで知ってるのがあれば教えてくれると助かります。

①と②は④ができるようになればたぶん改善されるのかな。

ただ参照サイトにスクリプト置いてあるんですね。気づきませんでした。
参照先の方がキレイに仕上がると思うのでそちらを使用することをオススメしまーす。

toshi URL 2008-04-01 (火) 01:32

頂きました!!!びっくりしました、もう出来たんですね、有難うございます。
>ただ参照サイトにスクリプト置いてあるんですね。
私も今日、気付きました、スクリプトお願いしたりして申し訳ありませんでした。
フォトショの英語のサイトだと思い込んで良く見ていませんでした。
>③についてですが、オフの場合STEP10.5を丸々カットする感じでいいでしょうか?
はい、STEP10.5を丸々カットの選択は有るほうが良いと思います。
そのままだと人の顔などは、眉毛の上などに白い線が入ってしまいますし、テカリやほくろ等が目立つ場合も有ります。
新しいスクリプトに大変満足していますホントニ本当に有難うございました。
③はコメントを書いた後も色々な画像で試したのですが、小さすぎる画像など、画像によっては縁がはっきり出すぎて蝋細工の様になる場合が有るようです。
よく考えれば後で不透明度を調整すれば良いことに気付きましたが、半透明にすると立体感が落ちますし、あれこれ考えた結果、改定するおつもりならば、輪郭抽出>プレビットに差分やラプラスを選択肢に加えるというのはどうでしょうか。
私は思った事を言うだけですので簡単なんですが(スミマセン言いぱなしで)全ての画像に合うのは到底ムリですよね。
①②④は無理ですよね、出来れば他でもやってるはずです、探しては見ます。
勝手な事ばかり申し上げてスミマセンでした。

toshi URL 2008-04-01 (火) 09:56

スクリプト見つけました。
"GIMP2を使おう"に"可視レイヤー複製統合スクリプト"と言うのが有りました。
ttp://www.geocities.jp/gimproject/scripts/clone_and_merge.html
同じサイトに"レイヤーの表示と削除 スクリプト"が有りました、いらなくなったレイヤーを削除できるかもしれません。
ttp://www.geocities.jp/gimproject/scripts/layers-view-delete.html
③の輪郭抽出の事は素人の寝言だと思って笑ってスルーしてください。
他の使用者の方の為には元のままが一番かもしれません。

Contrast Blending with the Gimpのスクリプトを入れて見ました。
訳、分かりません、ばらばらになってるんですね。
機会がありましたら、解説UPしてください。
取りあえずは自分でなんとかやってみるつもりです。
でもこのスクリプト使わないと思います、メンドクサソー。

highstar URL 2008-04-01 (火) 17:28

>輪郭抽出>プレビットに差分やラプラスを選択肢に加えるというのはどうでしょうか。
とりあえずオプションとして輪郭抽出の全タイプをつけてみました。
これは絶対に使わないという輪郭抽出タイプがあればコメントくださいねー。

>④新規画像作成を選択できない。
暫定的な方法ですが、一応オプションをつけてみました。
ただ内部処理的なことはよくわからないので、実はまずいことをやってるかもしれません。
ものすごく無責任でごめんね。

>機会がありましたら、解説UPしてください。
実は自分も導入してなかったりします。
参照先のスクリプトは3つの露出の違う画像を1つに統合する感じでしょうか。本来のHDR画像はそういう方法で作られるみたい。

とまあ、ダイアログも表示されてスクリプトっぽくなってきましたが、今後も改善すべき点があれば教えてくださいな。

toshi URL 2008-04-02 (水) 22:50

>これは絶対に使わないという輪郭抽出タイプがあればコメントくださいねー。
私はそのままで良いと思いますが
エッジを絞り込むとしたら
1)SOBEL
2)GRADIEBT
3)LAPLACE
上の3つにしたらどうでしょうか。

>今後も改善すべき点があれば教えてくださいな
Movie Effectの後に使用したら、New Image On/Offをオンにしても新しくコピーされなくなりました。

toshi URL 2008-04-03 (木) 09:18

>New Image On/Offの件です
Movie Effectのエラーメッセージのせいだと思い込んでいたのですが。
リネームしていた1つ前のバージョンとリンク先のスクリプトexposure-blend-tinyscheme.scmを削除したら直りました。
大変失礼しました。

highstar URL 2008-04-05 (土) 14:23

新規画像オプションについてですが、おそらくリネームしてあったバージョンと競合したのかなーっと思います。

それと輪郭抽出のタイプについてですが、確かにそのあたりを押さえておけば十分かもしれませんね。
個人的にはラプラスにはまってます。
なので「メニューが多くてわかりづらい」といった意見があれば修正することにしやす。

あとサイト名変えました。
「フィルタ>GIMPTICA>HDR Effect」の「GIMPTICA」は変更予定のサイト名でした。
ということで今後とも、「GIMP ARCHIVES」改め「GIMPTICA」をよろしくお願いします。

toshi URL 2008-04-06 (日) 04:38

>サイト名変えました。
ウン、びっくりしました、もっともっと発展しそうですね、楽しみです。
>今後とも、「GIMP ARCHIVES」改め「GIMPTICA」をよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。
私、おしかけ一番弟子だと思っていますから(勝手に)。
一生懸命修行にはげみます。
>輪郭
ラプラスだけでも構いませんよ。
なにしろ一番効果的ですから。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/52-627eaed0
Listed below are links to weblogs that reference
写真をダイナミックにするチュートリアル from GIMPTICA

Home > Photo Effect > 写真をダイナミックにするチュートリアル

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。