Home > スポンサー広告 > GIMPを使って影をつける方法色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-19 (水) 19:25

エンボスを使えるとは知りませんでした、影付けって大事ですね。
影を付けるだけでオブジェクトがグット良くなりました。
私は斜めドロップシャドウはもう少し練習が必要みたいです。

オブジェクトの作成法(byおせっかいtoshi)
①200×200px白背景で新規作成
②選択>全て、選択>選択領域の縮小27px、選択>角を丸める100%、#438869で塗り潰す
③選択>選択領域の縮小60px、編集>消去、選択>選択領域の縮小7px、#438869で塗り潰す
④描画色を白(#000000)、ブラシをCircle(03)に設定、上と左からガイドを中央でクロスするように引き出す
⑤鉛筆でShiftを押しながら下からと右からガイドに沿って中央のスペース部分に向かって線を引く
⑥色による選択で白い部分を選択、編集>切り取り
⑦透明のレイヤーを新規作成、ブレンドツール>グラデーション:前景から透明に>上から中央やや下にドラッグ
⑧緑で塗り潰したレイヤーを選択、レイヤー>透明部分>選択領域をアルファチャンネル
⑨上のレイヤーを選択して、矩形領域の選択:モード:選択領域から引く>中央のスペース部分から左下1/4を選択
⑩編集>パスへ、パスを表示してパスツール:編集で中央左部分のパスを上にカーブさせる
⑪選択>パスから、選択>反転、編集>切り取り
⑫レイヤー>下のレイヤーと結合
※GIMP2.4.5では角を丸めた時、選択領域がやや大きくなるようです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/41-1453c438
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > GIMPを使って影をつける方法色々

Home > Effect > GIMPを使って影をつける方法色々

GIMPを使って影をつける方法色々

今回はGIMPを使った影のつけ方のまとめです。

なお今回は「影のつけ方いろいろ - DesignWalker」を参考にしています。
リンク先を参照すればよりよい結果が得られるでしょう!
今回はこんな画像を使います。
shadow01.jpg



ノーマルドロップシャドウ
STEP1
オブジェクトの輪郭を選択し、新規レイヤーで黒く塗りつぶす
- 「選択領域をアルファチャンネル」が便利
- レイヤー位置:オブジェクトのレイヤーの下
- レイヤー名:shadow

STEP2
選択領域の解除後、フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- ぼかし半径:10px
shadow02.jpg




ノーマルドロップシャドウ2
STEP1
ノーマルドロップシャドウのSTEP2まで実行

STEP2
移動ツールで「shadow」を少し右下にずらす
shadow03.jpg




エンボスドロップシャドウ
STEP1
オブジェクトのレイヤーを複製し、レイヤー>レイヤーの拡大・縮小
- 拡大量:5px
- レイヤー位置:オブジェクトのレイヤーの下

STEP2
複製レイヤーで、フィルタ>歪み>エンボス

STEP3
必要があればエンボス化した複製レイヤーの位置を移動する
shadow04.jpg




斜めドロップシャドウ
STEP1
一般的なドロップシャドウのSTEP2まで実行

STEP2
遠近法ツールで斜めに延びた影のように変形させる
shadow05.jpg



空中風ドロップシャドウ
STEP1
新規レイヤーを作成し、オブジェクトの下に楕円を選択し黒で塗りつぶす

STEP2
フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- ぼかし半径:10px
shadow06.jpg




反射
STEP1
オブジェクトのレイヤーを複製し、レイヤー>変換>垂直反転&移動ツールでの移動

STEP2
複製レイヤーでレイヤーマスクを作成し、グラデーションツールで塗る
- 描画色:黒
- 背景色:白
- 方向:下から上
shadow07.jpg




反射+背景
STEP1
反射のSTEP2までを実行

STEP2
新規にレイヤーを作成し、床と壁となる部分をグラデーションツールで塗る
- 描画色から透明
- 選択してグラデーションをかけ、それを反転して繰り返すといいかと

shadow08.jpg



以上で終了です。
やっぱり影とかアクセントが一つでもつくと画像が引き締まりますねー。

ではでは。
スポンサーサイト

Comments:1

toshi URL 2008-03-19 (水) 19:25

エンボスを使えるとは知りませんでした、影付けって大事ですね。
影を付けるだけでオブジェクトがグット良くなりました。
私は斜めドロップシャドウはもう少し練習が必要みたいです。

オブジェクトの作成法(byおせっかいtoshi)
①200×200px白背景で新規作成
②選択>全て、選択>選択領域の縮小27px、選択>角を丸める100%、#438869で塗り潰す
③選択>選択領域の縮小60px、編集>消去、選択>選択領域の縮小7px、#438869で塗り潰す
④描画色を白(#000000)、ブラシをCircle(03)に設定、上と左からガイドを中央でクロスするように引き出す
⑤鉛筆でShiftを押しながら下からと右からガイドに沿って中央のスペース部分に向かって線を引く
⑥色による選択で白い部分を選択、編集>切り取り
⑦透明のレイヤーを新規作成、ブレンドツール>グラデーション:前景から透明に>上から中央やや下にドラッグ
⑧緑で塗り潰したレイヤーを選択、レイヤー>透明部分>選択領域をアルファチャンネル
⑨上のレイヤーを選択して、矩形領域の選択:モード:選択領域から引く>中央のスペース部分から左下1/4を選択
⑩編集>パスへ、パスを表示してパスツール:編集で中央左部分のパスを上にカーブさせる
⑪選択>パスから、選択>反転、編集>切り取り
⑫レイヤー>下のレイヤーと結合
※GIMP2.4.5では角を丸めた時、選択領域がやや大きくなるようです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/41-1453c438
Listed below are links to weblogs that reference
GIMPを使って影をつける方法色々 from GIMPTICA

Home > Effect > GIMPを使って影をつける方法色々

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。