Home > スポンサー広告 > 写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-18 (火) 19:31

このチュートリアルも素敵ですね、大好きです♪
画像もあまり選ば無いみたいですし。
GIMP2.4.5では選択領域を傾けると少し縁がギザギザになって白い線を入れると波打ってしまいました。
一度パスに変換して、中間点を削除したら旨く行きました。
これも修行?のおかげです。
有難うございます。
色んなチュートリアルを紹介して下さってますが、大変ですよね。
探すのも大変だし、日本語に訳してGIMPで出来るか試して、分かり易く説明するんですから。
ボツになったのもタークサン有るんでしょうね、ホントニ、ホントニ、有難いです。

STEP7
ストローク描画する前に選択領域をパスに変換して中間点を削除しました。
選択>パスへ
パスツール>編集でShiftを押しながら中間点のアンカーをクリック
多角形をチェックしておけば、誤ってハンドルが出てくるのを防げます。
ブラシエディータ>硬度はGIMP2.4では、強度
STEP10
shadowレイヤーを選択した状態で
GIMP2.4では
移動ツール>Move the active layer(下)をチェックして移動
STEP11
レベルはGIMP2.4では、色>レベル

highstar URL 2008-03-23 (日) 13:26

自分もこのチュートリアルはかなりお気に入りです。

>選択領域を傾けると少し縁がギザギザになって白い線を入れると波打ってしまいました。
GIMPでこういったアンチエイリアス的な部分が改善されるとPhotoshopに近づくと思うんですけどねー。
今後の開発に期待です。

>ボツになったのもタークサン有るんでしょうね
はい。かなり(笑)
とりあえず訳しておいて後で試してみるという感じなんで、いざやってみて失敗すると心が折れて更新が滞ったりします。
今後は分かり易い記事を心がけてやっていけたらいいなーっと思ってます。

toshi URL 2008-03-23 (日) 16:25

>いざやってみて失敗すると心が折れて更新が滞滞ったりします
折れずに頑張ってください。
こちらのサイトのおかげで、色々な使用方法を知る事が出来て嬉しいです。
タダ、脳みそ小ちゃいんでテキスト代わりに何度も伺うと思います。
どんなに、良いソフトでも使いこなせなければ意味ないですよね。
どうしても慣れた方法だけで終わってしまう事が多いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/25-fbe5bcda
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > 写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent

Home > Photo Effect > 写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent

写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent

accent01.jpgaccent08.jpg

今回は、写真にアクセントを加えるチュートリアルです。
比較的簡単に出来るのでオススメします。

このチュートリアルは、「Photo Accent」を参考にしています。
リンク先を参照すれば、より良い結果が得られるでしょう!
あらかじめ画像を用意しておいてください。
ちなみに今回はこんな画像を使います。
accent01.jpg



STEP1
画像を開く
- ファイル>開く
- 画像をコピーして、ファイル>取り込み>新規に貼り付け
- レイヤー名:BG


STEP2
矩形選択ツールで、ピックアップしたい部分が入るサイズの領域を選択


STEP2.5
回転ツールで選択領域を回転させる
- 対象:選択領域を変換

移動ツールで選択領域を移動する
- 対象:選択領域を変換


STEP3
編集>コピー[Ctrl+C]し、編集>貼り付け[Ctrl+V]
accent02.jpg



STEP4
貼り付けると出来るフローティングレイヤーを、新規にレイヤーを作成して普通のレイヤーにする
- レイヤー名:up
※BGを不可視にすると下の画像のような感じ
accent03.jpg



STEP5
upを右クリックし、レイヤーを画像サイズに合わせる


STEP6
upを右クリックし、選択領域をアルファチャンネル


STEP7
編集>選択領域をストローク描画
- 描画ツール:絵筆
- ブラシ:[半径5px][硬度1.0]のブラシを新規に作成
- 前景色:E6E4E4
accent04.jpg



STEP8
新規にレイヤーを作成し、選択領域を黒で塗る
- 選択領域:upの選択領域をアルファチャンネル
- レイヤー名:shadow
- レイヤー位置:upの直下
accent05.jpg



STEP9
選択領域解除後「shadow」で、フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- ぼかしの半径:10px(とか)


STEP10
移動ツールで影を適当なところに移動
- 対象:レイヤーを変換
accent06.jpg



STEP11-1(明るい背景)
BGで、レイヤー>色>レベル
- 出力レベル-左:100
accent07.jpg

accent08.jpg



STEP11-2(暗い背景)
BGで、レイヤー>色>レベル
- 出力レベル-右:100
accent09.jpg



以上で完成です。
ステップ数は多いように見えますが、慣れればすぐに出来てしまうと思います。
あとBGで明るさを変えるだけでなく、色々なエフェクトを使ってみてもいいかと。

では、お疲れ様でしたー。
スポンサーサイト

Comments:3

toshi URL 2008-03-18 (火) 19:31

このチュートリアルも素敵ですね、大好きです♪
画像もあまり選ば無いみたいですし。
GIMP2.4.5では選択領域を傾けると少し縁がギザギザになって白い線を入れると波打ってしまいました。
一度パスに変換して、中間点を削除したら旨く行きました。
これも修行?のおかげです。
有難うございます。
色んなチュートリアルを紹介して下さってますが、大変ですよね。
探すのも大変だし、日本語に訳してGIMPで出来るか試して、分かり易く説明するんですから。
ボツになったのもタークサン有るんでしょうね、ホントニ、ホントニ、有難いです。

STEP7
ストローク描画する前に選択領域をパスに変換して中間点を削除しました。
選択>パスへ
パスツール>編集でShiftを押しながら中間点のアンカーをクリック
多角形をチェックしておけば、誤ってハンドルが出てくるのを防げます。
ブラシエディータ>硬度はGIMP2.4では、強度
STEP10
shadowレイヤーを選択した状態で
GIMP2.4では
移動ツール>Move the active layer(下)をチェックして移動
STEP11
レベルはGIMP2.4では、色>レベル

highstar URL 2008-03-23 (日) 13:26

自分もこのチュートリアルはかなりお気に入りです。

>選択領域を傾けると少し縁がギザギザになって白い線を入れると波打ってしまいました。
GIMPでこういったアンチエイリアス的な部分が改善されるとPhotoshopに近づくと思うんですけどねー。
今後の開発に期待です。

>ボツになったのもタークサン有るんでしょうね
はい。かなり(笑)
とりあえず訳しておいて後で試してみるという感じなんで、いざやってみて失敗すると心が折れて更新が滞ったりします。
今後は分かり易い記事を心がけてやっていけたらいいなーっと思ってます。

toshi URL 2008-03-23 (日) 16:25

>いざやってみて失敗すると心が折れて更新が滞滞ったりします
折れずに頑張ってください。
こちらのサイトのおかげで、色々な使用方法を知る事が出来て嬉しいです。
タダ、脳みそ小ちゃいんでテキスト代わりに何度も伺うと思います。
どんなに、良いソフトでも使いこなせなければ意味ないですよね。
どうしても慣れた方法だけで終わってしまう事が多いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/25-fbe5bcda
Listed below are links to weblogs that reference
写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent from GIMPTICA

Home > Photo Effect > 写真にアクセントを加えるチュートリアル - Photo Accent

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。