Home > スポンサー広告 > サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

toshi URL 2008-03-17 (月) 16:32

管理人さんのコメントの様にnoiseレイヤーはいらないかもしれませんね。

STEP2
短く色んな方向からドラッグするのがコツのようです。
STEP5
GIMP2.4のメニュー位置は
色>反転
STEP6
レベルを調整すると、白い部分に縞々が出ちゃいました。
これはGIMP2.4の仕様ですかね、バグですかね?
GIMP2.4のメニュー位置は
色>レベル
STEP7
何箇所か縞々をぼかしきれない所が出ました。
にじみツールでぼかしました。
STEP13
GIMP2.4のメニュー位置は
色>着色

ロゴを入れてみました。
あまり大きなロゴはくずれてしまいます、小さなロゴの方が良いみたいでした。

eri URL 2008-10-08 (水) 14:57

こちらのブログをとっても参考にさせていただいてますw
おかげさまでサテン生地に関してはクリアできました^^
エナメル感ってどうしたら綺麗にできるでしょうか?@@;

機会があったらご教授ください^^

もか URL 2009-11-07 (土) 16:23

初めまして
こちらに記載されているグラデーションツーの部分がどうしても分からなくて困っています。何方かお分かりの方がいらっしゃたらコメントいただけると有難いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/13-e13fa34a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GIMPTICA

Home > スポンサー広告 > サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture

Home > Effect > サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture

サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture

satin14.jpg

今回はサテン生地を表現するチュートリアルです。

このチュートリアルはSatin Texture in GIMPを参考にしています。
※ダウンロードして閲覧するタイプです。
リンク先を参照すればよりよい結果が得られるでしょう!
STEP1
新規作成
- サイズ:300*300(とりあえずね)
- 背景色:白


STEP2
グラデーションツールを使ってサテンの下塗りをする
- モード:差分
- 前景色:黒
- 背景色:白
- 何度もグラデーションをかけて凹凸感を出してくださいな
satin01.jpg



STEP3
フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- 半径:25px
satin02.jpg



STEP4
フィルタ>輪郭抽出>輪郭
- デフォルトでOK
satin03.jpg



STEP5
レイヤー>色>反転
satin04.jpg



STEP6
レイヤー>色>レベル
- 黒(左):135
satin05.jpg

satin06.jpg



STEP7
フィルタ>ぼかす>ガウシアンぼかし
- ぼかし半径:2.5px
satin07.jpg



STEP8
新規にレイヤーを作り、グレーで塗りつぶす
- 前景色:[#808080]
- レイヤー名:noise


STEP9
フィルタ>ノイズ>RGB散乱
- RGB独立:オフ
satin08.jpg



STEP10
フィルタ>ぼかす>モーションぼかし
- ぼかしの種類:線形
- 長さ:15
- 角度:135
satin09.jpg



STEP11
フィルタ>マップ>ずらし
- Xずらし:15(背景を選択)
- Yずらし:15(背景を選択)
- 周辺部:ぼかす
satin10.jpg

satin11.jpg



STEP12
「noise」レイヤーのレイヤーモードをオーバーレイにし、必要があれば不透明度を下げる
satin12.jpg

satin13.jpg



STEP13
レイヤーを結合し、レイヤー>色>着色でお好みの色をつける
- 色相:20(茶色っぽくなります)
satin14.jpg



以上で完成です。
個人的には「noise」レイヤーはなくてもいいんじゃないかなーっと思いましたが、まあ人それぞれってことで。
この上にロゴをのせて、ずらしを使えばサテン生地にフィットするのでやってみてください。

では、お疲れ様でしたー。
スポンサーサイト

Comments:3

toshi URL 2008-03-17 (月) 16:32

管理人さんのコメントの様にnoiseレイヤーはいらないかもしれませんね。

STEP2
短く色んな方向からドラッグするのがコツのようです。
STEP5
GIMP2.4のメニュー位置は
色>反転
STEP6
レベルを調整すると、白い部分に縞々が出ちゃいました。
これはGIMP2.4の仕様ですかね、バグですかね?
GIMP2.4のメニュー位置は
色>レベル
STEP7
何箇所か縞々をぼかしきれない所が出ました。
にじみツールでぼかしました。
STEP13
GIMP2.4のメニュー位置は
色>着色

ロゴを入れてみました。
あまり大きなロゴはくずれてしまいます、小さなロゴの方が良いみたいでした。

eri URL 2008-10-08 (水) 14:57

こちらのブログをとっても参考にさせていただいてますw
おかげさまでサテン生地に関してはクリアできました^^
エナメル感ってどうしたら綺麗にできるでしょうか?@@;

機会があったらご教授ください^^

もか URL 2009-11-07 (土) 16:23

初めまして
こちらに記載されているグラデーションツーの部分がどうしても分からなくて困っています。何方かお分かりの方がいらっしゃたらコメントいただけると有難いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://archivlog.blog107.fc2.com/tb.php/13-e13fa34a
Listed below are links to weblogs that reference
サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture from GIMPTICA

Home > Effect > サテンの生地を表現するチュートリアル - Satin Texture

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。